怒りのコントロール

考える画像

体調が優れない時、物事がうまく進まずイライラが溜まっている時…。

そんな時に誰かに嫌なことを言われると、
怒りを感じ、
つい余計なことを言ってしまうは無いですか?

冷静になった時に
「あー、あんなふうに言わなきゃよかった」と後悔する事。

少なからず、皆さん体験していると思います。

自分自身の感情を素直に表現できる。
これは素晴らしいことだと思いますが、
怒りは周囲の人を困惑させ、
傷つけてしまうことも。

また、「すぐに怒り出す人」と思われ、
周りから孤立してしまうことも。

何とかコントロールしていきたいですよね。

怒りを感じた時は、
まずは、一旦「グッ」と堪えましょう。

怒りの感情のピークは数秒だと言われていますから、
深呼吸などしてちょっとだけ我慢です。

相手の気持ちになって、
考えてみるのもいいかもしれませんね。

「この人はこういう人なんだな」と思い、
自分自身の価値観を当てはめなければ、
それほどイラつくこともなくなるはずです。

そして、
「世の中は必ずしも自分の思った通りに行くものではないよ」
っていう気軽な気持ち、楽観的に過ごすことです。

ちょっとしたハプニングも楽しめる余裕を持ちたいですね。

ただ、怒りは次の行動の原動力になることもあります。

「できなかった。準備不足だった。自分は何をやってきたんだろう」と
自分自身に怒ることもあります。

「次こそは成功させてみせる」なんて、
真剣に取り組めることだってあります。

決してマイナスなことばかりではありません。

怒りの感情とは上手く付き合ってくださいね(^-^)

考える画像